2017年11月17日金曜日

オイカワも、もちろん楽しいのです

ここ数日で気温も下がり冬に向かってますね。雪の便りも聞こえ、そろそろスキー板にワックスを入れようかなと考え始めているところです。
11月いっぱいはオイカワ釣りということで休みのたびに出かけています。そこで使う毛鉤のサイズは#20〜22。老眼が進み、手が震えるものにとって、このサイズは拷問でしかありません。愛用のダイナキング バラクーダではクランプするのも面倒で何本か飛ばして紛失しております。かといってミッジジョーは$69、日本国内では10000円ほど、小さなバイスに手が届きそうな価格です。竿からランディングネットまで作っておきながら「そこまでは...」という感じ。

 この前の月曜日は禁漁になってから竿をお渡しした女性がお休みということで、一緒にオイカワ釣りに。
夏に友人に誘われ釣りに出かけ、すっかりハマってしまった感じです。お父さんもフライフィッシャーなので一緒に練習をしてるとか。当日も少しアドバイスしたらキャストも安定していました。
ですが、今までに一匹も釣ってません。さぁ、釣れるでしょうか。
キャストを繰り返しドライに出たオイカワをかけますが初心者にありがちな大慌ての万歳でテンション抜け。一匹目はサヨウナラ。次も万歳してしまいましたが、どうにかラインを手繰ってキャッチ!嬉しい一匹となりました。傍で眺めながら大笑い。やっぱり釣りは楽しいのです。その後も万歳でバレたと思ったらラインが走ってるので「ついてるよ」と言った途端に大慌て。やっぱり楽しい。釣りはこうでなきゃ。十分楽しませてもらいました。

 12月3日に昭島モリパーク アウトドアヴィレッジにて行われる第8回ハンドクラフト展
にoff craft出展いたします。当日は完成品が10本ほど。切り出したグリップも10本ほど。写真のオイカワネットも数本展示販売する予定です。
釣りするには寒いなぁ、滑りに行くには雪がまだ少ないしと思われる方、ぜひ遊びに来てください。釣りの話はもちろん、雪遊びの話もしましょう!お待ちしております!


2017年10月27日金曜日

少しだけペースアップ

12月3日(日)昭島モリパーク アウトドアヴィレッジで開催される第8回ハンドクラフト展への出展が決まり、幾分ペースを上げて作業中。と言ってもノロノロですが。
展示予定はストレート、カーブが10本ほど、オイカワネットを数本、展示&即売品です。

写真はこれから製作予定のグリップ。手前の上に載ってるは黒柿です。手持ちの黒柿も、これで最後になりました。気になる方はご連絡ください。
一番奥にあるのはコラボレーション用です。近々お知らせできると思います。

2017年9月28日木曜日

今期最終です

 多くの地域が今月末で禁漁。秩父もそうなので最後の月曜に出かけてみました。
以前からご一緒したいと思っていたオカベさんを誘っての釣行。オカベさんとは友人を介して知り合い、雑誌のスタイリングにランディングネットをお貸し、それ切っ掛けでオーダーを頂きました。実際にお会いしたのは初めてだったのですが、そんな感じは全くせず、入渓ポイントまでの長いアプローチも会話が途切れることはありませんでした。
 「まだまだ初心者」と聞いていたのですが、キャストも上手くテンポよく釣り上がります。反応はあるのですが小さい。毛鉤は前夜の自販機で沢山見かけたカメムシから#8のイレジスティブルなので食い切れないようです。そんな感じで空合わせを繰り返していると岩陰に入って見えなくなった毛鉤がなかなか現れません。「もしかして」と軽く合わせると魚信が。しかしこのサイズでした。こんな小さいのに丸呑みしてやんの、もう笑うしかありません。

 短い区間で二つに分かれた流れをお互いに釣ってると竿が曲がります。ランディングネットに納めてオカベさんの方を見ると、同じく竿が曲がっています。まさかのダブルヒット。ウヒャウヒャ笑いながらカメラに収めました。
終始、この調子で笑いっぱなし。
出る!のらない、ウヒャヒャヒャ!
かける!バラす、ウヒャヒャヒャ!
幼い頃のザリガニ釣りを思い出しました。

途中からパタッと反応が悪くなったので谿を降り、小さな支流に入ることに。本当に小さな流れ。魚の居場所が決まっているので狙って釣っていきます。オカベさんが一等地前で構えていたので上に上がり振り返ると竿を曲げてるじゃないですか。急いで下ると26cmの綺麗なイワナでした。もう目尻下がりまくり。こちらまで嬉しくなります。
写真を撮って竿を置いた場所に戻り、目の前のポイントにキャスト10秒ほど浮かべて置いたら勢いよく出てくれました。なのに水面直下の反転でフックオフ。橙のお腹を見せ消えていきました。サイズはオカベさんが釣ったのと同じくらいだったかな。その後、反応が全くなくなったので納竿となりました。

いままで、ほとんどの釣行が単独だったのですが、今年は色々な方とご一緒できました。そして最後にオカベさん。喋りまくり、笑いまくりのホントに楽しい釣りでした。翌日の喉の痛みは足の筋肉痛を超えていましたが。
渓流は禁漁となりますが、雪が降るまではオイカワ、スモールマウスバスなどを釣って過ごそうと思います。それらの道具などもご紹介できればと思っております。

2017年9月15日金曜日

網色について

off craftではカスタムメイドのランディングネットを作っております。
オーダーを頂いた方が最後に悩まれるのは網の色
「何色あるんですか?」
と聞かれることが多いのですが、現状では決められた色はありません。ご希望に近い色に染めてから編み始める形をとっております。
最初から色を決めてオーダーされる方もいらっしゃいますが、多くの方はフレームに最初の塗装が入ってから決めて頂いております。
最初に言われていた色から全く違う色にされる方もいらっしゃいます。

 今まで編んで余った糸が補修用として保管してあります。まずは希望の色をお聞きしてから似たような色を選び、枠内に置いた写真をお送りします。その中から「もう少し暗く、明るく、濃く、薄く」など、それに合わせて染めます。一発で決まればいいのですが、数度のやり直しをすることも。
染めた糸が乾くと若干薄く白っぽい仕上がりになりますので、それも考慮してください。魚を入れて写真を撮る時には濡れ色に、釣れる前の背中に下がってる状態は乾いた色です。あまり釣れない方は乾いた色で...余計な御世話でした。



「編んでから染めるんでしょ」
と聞かれることも多いのですが、その方法はやっておりません。確かに後染めの方が、時間がある時に編んでおけるので効率が良いです。ですが、編み目(結び目)の中は染まらずに白いまま。濡れると糸が縮む為に染まっていない部分が出てきてしまうのです。大きな魚の時には目立たないのですが、小さな魚では...

生成りのような色も可能です。染めないものは本当に真っ白なので淡い色で染めています。

 染料はDYLON、RITなどを使っております。
「自然染料ではないのですか?」と聞かれます。糸がナイロンなので自然染料では染まりが悪く、色を出すのが大変な為に使っておりません。それと自然染料には毒性が高いものもあり、それらの処分問題もあります。

何を手に入れるのにも色はかなり悩みますね。でも、それが楽しい時間。街中で見かけるものが気になったりするものです。そんな写真を撮って送って頂いても構いません。釣りと一緒で楽しみましょう。

2017年9月13日水曜日

釣りは楽しい

 9月に入った途端に誰かがスイッチを切り替えたかのように秋模様になりました。そろそろ魚たちも遡り始めるだろうと、ちょっと深い谿に向かいます。

入ってすぐに滝が連続するので今まで入ったことがありませんでしたが、手前から高巻いて尾根上に出てみることに。「ヒーヒー」言いながら上がると下の方にピンクテープが。どうやらここまで上がらなくても巻けたようです。数個の滝をパスして入渓。目の前にはいきなり良いポイント。岩陰に隠れながら釣りの準備を始めます。

 先週は大きな毛鉤に反応が悪かったので、前日に巻いた#12エルクヘア・カディスを結びます。上の段から落ちた水が泡を含み、それが消える辺りの岩脇に一投目を入れようと決めラインを出します。1mほど脇の水面ギリギリに垂れ下がった枝が嫌な感じでしたがキャストには影響ない位置でしたので投げ込みました。50cmほど流すと小さな飛沫。竿を立てラインを手繰るとJP ROSS MUIRがバットから絞り込まれます。その瞬間、気にしていた枝が揺れました。
「あ、絡んでる。だからこんなに重いんだ」
竿を右に倒して絡みを取ろうと試みますが、そこを支点にして水中に刺さるラインが左右に走ります。右に大きく走った瞬間、ラインが外れました。すると今まで以上に竿が曲がります。
「あ、でかい」
なのに以外と冷静で、竿のしなり具合を見たり、ランディングネットの位置を確認したりしてました。こちらからも魚に近づきながらランディングネットを抜き、小さな溜まりで網を濡らしランディング。
「やった!」
と言っていたと思います。そのまま水に着けシャッターを切りますがエラに水を通した状態で撮るのは難しいですね。しかも震えていたのが手振れが酷い(笑。サイズはメジャーの類を持たないのでわかりません。長さよりも驚いたのが太さです。よく、ここまで育ったもんです。魚体には細かい傷が走っています。ここまで遡ってついたものでしょう。数回シャッターを切りリリースしました。

 「もう帰ろうかな」
なんて思いましたが、せっかく入ったから先に進みます。ここって場所には必ず魚がいます。盛夏の頃とは違ってユッタリと浮上して毛鉤をくわえます。独りなのにウヒャウヒャ笑いながらランディング。楽しい、釣りはやっぱり楽しい。難しいことを考えず魚に合わせて釣りをするのは楽しいものです。

いつもですと同行のムラカミくんから
「また、そんな子場所を」
と言われるほど細かいところを釣ってるのですが、今日は大きめなポイントだけを打って進みます。それは竿を納めてからが長いから。

早めに谿からトラバーズ道に出て本流に降り、少し遡って脱渓 というルート。トラバース道の崩落個所が多く肝を冷やし、本流に降り立つ「ムラカミ新道」の尾根を早めに降りてしまい、違う支流の滝上に出るという失態で予想より遅くなりましたが無事、明るいうちに脱渓。

今月いっぱいで秩父も禁漁に。あと1回くらい行けそうです。その時には落ち葉も増えてることでしょう。なんとなく寂しく感じますが、釣りは楽しいです。

2017年8月9日水曜日

モリオさん初秩父

「今年は独りじゃないことが多いね、安心だけど」
と妻に言われました。確かに4週連続で単独釣行ではありません。
今回は鎌倉でVIVAHDE(ヴィヴァフデ)という器と雑貨のお店を営むモリオさんと、なぜかスキー板を持ってきたタカシくんと一緒に秩父へ入りました。
VIVAHDEでは私が作った箸も並べていただいております。今年の春から販売を始めた「山のうつわ」がメディアに取り上げらてますので、目に止まった方も多いのではないでしょうか。
そんなモリオさんは長瀞生まれなんですが、秩父の渓流は初めて。大岩から大岩魚を狙います。しばらく後ろから釣り姿を見ていましたが、落ち着いたガツガツしないスタイルで普段のモリオさんを彷彿とさせます。見ていない間に何匹も釣っていたとか。

 そんな自分もどうにか一匹。今回は渋くて手こずりました。#8イレジスティブルは早々に諦め、カーブシャンク#10半沈フライにしてしまいました。






 本当はフライボックス右の毛鉤で釣りたかったのになぁ。実際はリールの上の毛鉤です。
魚に好まれるかを感じる前に、自分でダメだなと思ってしまいました。





 タカシくんが釣ったところで天候が怪しくなってきました。竿を畳み始めたところで激しい雨に。急いで車に戻りたいですが2時間の歩きです。カッパを着たって汗でビッショリ。タカシくんはパックロッドよりも長い傘を持ってきていて快適そうでした。次回は真似しよう。
今度の月曜はお盆休み中なので人も多いから釣りは中止。あと一ヶ月半、何回行けるのでしょうね。

2017年8月3日木曜日

Mr.800はボロボロです



週末に待望の雨が降ったので、Mr.8000竹内さんと先週と同じ谿に入りました。かなり降った感じだったのですが、水量はやっと例年並みといった感じ。いかに今までが降らなかったのか。おそらく数日で減水してしまいそうです。
入渓までのアプローチは二時間ほど。世界的クライマーはさすがに速い、全くついていけません。なんとしも釣りでは引き離したいところです。


 午後からの雷雨を警戒していつもより早めの行動としました。昼を過ぎたら納竿予定で進みます。7時頃、入渓。思っていた通り魚の反応はすこぶる良い。しかし、サイズはイマイチ。小さいのが先に出てしまう感じでした。




天候は快晴。木々で覆われた谿はグリーンに染まります。
ランディングネットに収めたら、エラに水が通るように心がけていますが、カメラを準備してシャッターを切った時には顔を出してました。また歩き出そうとするイワナだったのかもしれません。



数が「5」までしか数えられないのですが、釣り始めていくらも経たずに一杯に。ですので、写真を撮る魚も減っていきます。
これは竹内さんが釣った金色のイワナ。取り込む前の走ってる状態で色が違うのが分かりました。


今回の竿はJP ROSS FLY RODS Muir7ft 3wt
リールはROSS REELS Colorado1。今はティムコ取り扱いですが、入ってきた頃はMaverick。その時の記念モデルで特注のブラック。「Maverick」のロゴ入りです。本当は淡いグリーンが欲しかったのですが...








 このくらいのサイズが最大で二人で何匹も釣りました。このサイズでもかなり引くのでやりとりしてる姿を見て駆け寄ると
「あれ?ついに尺かと思ったのに」
と言い合い大爆笑。
この頃ですでに正午は過ぎていたのですが、天候は悪くなりそうもないので、先に進むことに
「何時までやりますか?」
と竹内さんに聞くと
「何時でもいいですよ。暗い中を歩くのには慣れてますから」
確かに深夜からアタックしたりしてますもんね。俺が慣れてないので15時で納竿と決めました(笑。

 
私が釣った最大サイズ。こんなサイズでもJP ROSS Muirをギリギリと絞り込みました。
 約束の15時になり沢を下ります。釣果では若干上回りましたが、案の定引き離されます。車についた頃には腰から下がボロボロに。翌日はおじいちゃんのようでした。
禁漁まであと2か月、次はどこに行きましょうかね。 おじいちゃんは避けたりところです。